忍者ブログ
HR/HMとかスケートとか日々徒然のあれこれ。最近お笑いが優勢。
[93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドナドニは流石に終了でしょう。
今朝の解説によると「EUROでベスト4」が2010年までの条件だったそうなので。

で。
もういっそマンチョでいいじゃん?
イタリア人だし、今空いてるし。
どうじゃろう。
たまにはお笑いなアッズーリもいいんじゃないかと…ダメ?
いいじゃん、FW4枚入れとけば。きっと4点はいるよ!
イタリアはほら「カテナチオ」だから、きっと失点は3点までにしてくれるはずさ♪

冗談はさておき。
(いや、マンチーニはありかも、と思う正直)
なんでか私は最初見た時から、この辛気くさいカテナチオが好きで好きで…。
その次に好きなのはアルヘンの景気の良〜いサッカーなのですが。
多分乙女心に、守って守って、ファンタジスタが何とかしてくれるハズっていうのに燃えたんだと思います。
耐える姿が…っておしんみたいだな。いや、実際耐えて耐えて守って、まあ時々前線にマルディーニが上がってたりするんだけど(笑)基本水際で止めまくるスリリングなサッカーでドキドキしつつそれがやみつきになる、と。

でも、それだけだと当たり前に勝てないので、誰かがなんとかしてくれる、それがファンタジスタ(とほぼ1人で頑張るフォワード)だと思うわけですよ。
私は90年杯からのアッズーリファンなので、ファンタジスタといえばバッジオ。
と、アレックス・デルピエロなんだな〜ちくしょう。
ま、正確にはデルピッポのファンなんですが…うう。懐かしいな。
私のイメージでは、基本トップ下でボールさばきつつ組み立てる…だけでなく、きっと何かしてくれるって思わせる選手。で、思わせるだけでなくキチンと何とかしてくれる、その何とかするっぷりに目を見はらせるモノがある、そんな選手をファンタジスタと呼ぶのではないかなあ。
アレには今もその力があると思うんですよ。フルは無理だろうけどさ。
たとえば「力」という意味でいえば、07-08シーズンのセリエAの得点王はデルピエロなのよう。
(そういや3位のボッリエッロをなんで使わなかったのかしらドナドナめ…)

なので、今日はアレをもっと早く出してほしかったよ、本当に!
今日もライン際でちょっとだけど魅せてくれたじゃん。そういうので少しペースが変わるかもしれんじゃんよー、素人考えかもしれんが。
なんだろう、何故アレックスはこう、代表と相性が悪いのかなあ。
次はあるんだろうか…。


熱くアレについて語ってみましたが、私はACミランが一番好きです☆
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
チハル
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © Lie to me 2 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]