忍者ブログ
HR/HMとかスケートとか日々徒然のあれこれ。最近お笑いが優勢。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

行ってきました、午前十時の映画祭初回はあの名作!「ショーシャンクの空に」です。



すみません、初見です。
きっと感動巨編だろうと推測してマスカラ少なめでハンカチ準備万端で。
私の予想では、ヒューマニズムと人間愛みたいなしっとりしたもの?
ハイ、全然違いました〜。
しかし良い、かつ面白い映画だった!まさかこんなにカタルシスがあるとは。
映画祭のサイトより詳細を。一部転載します。

『1947年、銀行員であったアンディ・デュフレーン(T.ロビンス)は、妻とその愛人を射殺したという身に覚えのない罪で終身刑2回という判決を受け、ショーシャンク刑務所に投獄される。刑務所の雰囲気に馴染めず孤立するアンディだったが、希望を捨てることなく自由になることを信じ続けた。そんな中、レッドと呼ばれる囚人エリス・ボイド・レディング(M.フリーマン)と出会い交流を深めていく。そして、刑務所内での信頼を次第に勝ち取っていき、自らの無実の証拠を掴むのだが……』

主人公がエリート銀行員なのがこの話のミソなんですが、ティム・ロビンス演じるアンデイーがちょっと正体不明っぽいカンジなのが深みがあっていいです。対する囚人レッドがモーガン・フリーマンのせいか、ものすごい人が良さそうで。この二人の友情もあっさりしつつ奥ゆかしくていいですね。
「心の豊かさを失ってはダメだ。心の中には誰も奪えないもの・・・希望がある。」とレッドに話すシーンで、モンテクリスト伯の「待て、しかして希望せよ」という名言を思い出しました。みんな牢獄暮らしが長いからそうなるのだろうか?いや、やはり「希望」は重要なキーワードなんだな、と思います。
刑務所の中の話ばっかでポスター以外オトコばっかですが見苦しいところも少なく、全体に古き良き時代、といった感が。刑務所の内部もなんというか牧歌的というか(人はころっと死んだりするけど)目をそらしたくなるようなシーンが描かれずノーストレスで見られてよかった。レッド出所後のバクストン、さらにジワタネホでのラストシーンの美しさは何とも…!(でもあれはモーガン・フリーマンだからなあ…ともちょっと思った。似合いすぎる)「その後、二人はずっと幸せに暮らしました」となったのだろうか。
見に行ってよかった。良い映画です。


ちょっとぐぐってみましたが、ファンの多い映画。
こちらのサイトが色々詳しくて参考になりました。コチラのサイトも綺麗で素晴らしいです。ヒストリーがすごい。
PR
公式コチラ

うわーこれ行きたい!!!!!
DVDとかで映画見るより断然映画館で見たい人なので、これは嬉しい。
しかし「午前十時」っつーのが…だからこそ出来た企画だろうけど。
どれだけ頑張れるか…
カールじいさんに引き続き3D映画です。全世界大人気アバター。
3D眼鏡をかけるのも大分上手くなりましたが、鼻の付け根が痛い。

映画はまあキャメロンだからね…
近未来SF的であるが、自然を大事にね〜ナウシカもののけ姫の心&ここではないどこかで本気を出す俺、でした。
あとインディアンさん無理矢理入植してごめんなさいみたいな。
ナビィはどうみてもインディアンだよねえ、レッツ戦いのメイク。
まあまあ、薄っぺらいのは想定済みだったので、思ったより面白かったかも。
アドベンチャー的演出は楽しかったです。恐竜バンザイ♪

しかしなぜアニメでもそうだけど、異世界や未来を描くとあんなに青くなるんだろう…派手派手なんですけど。
懐かしのラッセンを思い出させる色彩でした。出来たて。

しかし、そんなアバターも、所変わればバカウケするらしく「アバターにあまりにも引き込まれ、映画が終わった後の喪失感が半端ない」症候群というものがあるらしいよ! いわゆるウツ状態らしい。
ま、宣伝手段かもしれんけれども、 やつら(特にアメリカ人)は侮れないからなあ…。
とはいえパンドラなら便利なことに英語も通じるし良いよね。
愛情表現もキス等だし(けして握手などが生殖行為ではないのだ)どうも一夫一婦制のようだしな。墓場に十字架が立つ日も近いのでは。


あと、どうしても気になるのが、この手のエイリアン的なヒト型のパターンは、何故いつもスプリーウェル(NBA)に似ているのだろうか…。
(まあ黒人らしいビジュアルにするよねーということなんだけど、中でもスプリーに似てると思うんですよね。プレデターとかさ)
ラトレルのいい画像がなくて残念。
「アバター」を観ようと思ったら1時間前に行ったのに満席で観られず。
ならば、ということで「カールじいさんの空飛ぶ家」に変更。
初3D。

私はあまり目が良くないので、映画などは眼鏡をかけるのですが。
眼鏡オン3D眼鏡はさすがに見にくかった…。
鼻が低いせいなんでしょうか、ずり落ちるのでずっと持っていなければいかんという。
でも、3Dはちゃんと見られました!
結構キレイに立体になるものですねー。素晴らしい。

話は涙有り笑い有り
面白かったです。
映像的には、結構思い切り引いて見せるシーンが多く、逆に広がりを感じさせてくれて迫力満点でした。
突っ込みどころもいっぱいある設定の話だけど、まあ家が風船で空を飛ぶという時点で色々クリアされていると思います笑。
純粋に楽しんだ者勝ちですね。
良い映画でしたー♪



なんだかんだと買っています、「大奥」。
家光のとこのぐだぐだ加減にげんなりしていましたが、この巻は面白かった。
綱吉はクールで良いね。吉保格好良い。
ラストにお待ちかねの吉宗がやっと出てきたので、次が楽しみ。
しかし吉宗、子供の顔がちゃんと1巻の大人の顔とリンクしていて素晴らしい(笑)

この機会に久々に1〜4巻も引っ張り出して通読してみました。
で、1巻はもう、文句なく面白い。
2巻も最初のうちはいいんですが、3巻に入ってだんだん恋愛バナになってくると筆が鈍る。いきなり芝居がかっちゃう。同じ恋愛でも、相思相愛ではない家綱の火事で焼け出されたエピソードなんかはちょっときゅんとくるんですが、どうもよしながふみはロマンチックな恋愛には向いてない作家なんじゃないかしら。
それと、物語を進めるには理屈くさすぎるというか。日常のちょっとした出来事を描かせると上手いと思うんだけど…「アンティーク」とか「昨日なに食べた?」みたいなの。
そんなわけで、1巻につながる吉宗の登場には期待しています。
どこまで続けるのかわからないけど(幕末までやったら偉いよね)最後までつきあうかな〜。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
プロフィール
HN:
チハル
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © Lie to me 2 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]