忍者ブログ
HR/HMとかスケートとか日々徒然のあれこれ。最近お笑いが優勢。
[1] [2] [3] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お笑いライブ初体験。
会場は小さめの映画館のようでした。映画館と違うのは、舞台なので横に広いところかな。あと、飲食可ということ。床に若干傾斜がついているので観やすかったです。
そして、結構団体客が多かったですね〜私は左端の席だったのですが、その前が新潟からの子供団体客(修学旅行!)、出てきたほとんどすべての芸人さんが構っていたような。
そんな芸人ラインナップはコチラ。
順番は…真ん中あたりは自信がないです。
ゆったり感/ネゴシックス/ニブンノゴ!/フルーツポンチ/サバンナ/テンダラー/ロザン/矢野・兵動

普通に面白かったー♪
ネゴシックスはピンで紙芝居方式をとっていましたが、紙をめくるんじゃなく、長い紙にイラストを描いていてどんどん引っ張って進めていたのが良かったです。アレは描くのも片付けるのも大変だったろう。
ニブンノゴ!はトリオなんですねー。怪しい警官のラジオ体操で面白かった。そしてえっらい男前でビックリしたわ〜。

フルーツポンチとロザンで、拍手だけでなくキャーキャー言う声が上がったかな。
そんなロザンですが、ふたりともモノトーンのスーツで凛々しく。
いやーナマはかっこいいねー♪
そして菅ちゃんはちっちゃいな!あきれるほどハンサムでした。
前述の小学生(だったかな)集団にすぐ気がついた菅ちゃんが何かと振るので、子供達の食いつきが良いったら。子供は正直だ…菅ちゃん、子供達の方に「ね?」としょっちゅう笑顔をみせるので、その後ろにいる私はラッキー♪でした。ありがとう子供達。
宇治原さんはめっちゃ細かった…大丈夫なのか人として。菅ちゃんもTVで見るよりすっきりしてたけど、いやもううーちゃん細いわー。ちょっとお疲れだったかも?菅ちゃんがぐーで宇治原さんの肩をばんばん叩く時は「折れるからやめてあげて」とマジで思いました。ははは。
ネタはピーマン的なところから英語の練習でした。
菅ちゃんの低い声がたまらん。きるゆーとかステキすぎる(笑)宇治原さんも英語の発音が良いですねー。
まあ、あっという間でしたね。好きな人を見ている時間は短いね。

音楽もそうですが、ライブはいいですね〜。
一体感と特別感、共有感。
記憶の中でしかリプレイできない特別な時間だと思います。


さて、そんなロザンの菅ちゃんはまた宇治原さんの本を出すらしいですね。
「京大少年」11/24発売。
少年時代は出会っていないと思うのだが…どんな本になるんでしょうか。

PR
そうなんです、トークイベントがゲット出来なかったので、普通にルミネtheよしもとに行くんです(笑)無理とか言ってたくせにってやつですね。
わーい、生ロザンだー。
しかし、最近とみに宇治原さんは東西駆けていてお忙しそうだわ…せめてじっくり見守ろうかと思います。

来月はオリラジだな。へへへ。
もー、どんだけビジュアルなのかと(笑)でも、そこも含めて、ですから。
ビジュアルだけでもダメですしね。
というかんじなので先日の平成教育委員会は、宇治原さんとオリラジの二人が出ていて至福なのでしたよ♪
11月に、東京品川でロザンのトークイベントが行われるということで、とっくに先行は終わっていましたが「まだ一般があるじゃん」とメモっていたわけです。
で、それが昨日だったんですが、すっかり忘れてて(笑)バカネー。
一応16:00頃に気がついて、ぴあをのこのこ見に行きやっぱり売り切れてたわけですが、さっき「そうだ、大人の手段『やふおく』があるじゃない!」とオークションを見にいったんですよ。

おーすごいな、¥2,300のチケットを¥25,000から始めるとは恐れ入る。
さすがに、自分はそこまで見たいだろうかと胸に手を当ててしまいそうなので、これはこれで効果があるのかもしれんよ(笑)
普通に定価から始めてるのもあるけどね、もちろん。
やっぱ行きたいライブはジャンルに関わらず先行をゲットせなあかんなー。


せっかくロザンにはまったので、ハードカバーのこちらをさくっと買ってみる。
帰りのスタバで読むのに1時間かかんなかったよ、菅ちゃん。
さすが人にお話する商売をしているだけあって(そして本人の性格もあるのだろうけど)さらっとした語り口でとっても読みやすかったです。

0を1にするのが好きな菅ちゃんと、1を100にするのが得意な宇治原くん。
良いコンビですね〜。
京大への勉強法も面白かったけど、私は男子の青春小説として読みました。
あんまりさわやかじゃないけどね!
このグダグダしてるカンジが、逆にリアルでいいなあと思います。

欲を言えば、もうちょっと色々曝け出してもいいんじゃないかな〜読み物としては、と思うけど。ま、そのへんは書き手の個性なので、いつか宇治原さんから見た学生時代〜芸人になってから、というのを綴っていただきたいですね。
「コンビ愛」というワードを、お笑い系のwikiで知りました。
二人で組む確率が多いお笑い業界らしい言葉ですね。

「コンビ愛といえば〜」という枕詞で、オードリー、キャイ〜ン等知っている名前が並ぶなか、あまり見慣れない名前が…ロザンでした。
いや、「宇治原君の答え!」は知っている、平成教育等のクイズ番組で見るとっても頭の良い人だ。そういえばネームプレートに「ロザン宇治原」って書いてあったような気も。
そして私はこの人の顔が結構好き。
ということで早速ロザンのwikiを見てみましたが、これは相方と相当仲がよろしい。
うまくリンクを貼れないのが残念です。
以下、宇治原さんと相方菅ちゃん、出会ってからの流れ。

菅ちゃんと宇治原、高校で出会い仲良くなる
    ↓
ずっと一緒にいたい
    ↓
一緒にお笑いをやろう!
    ↓
菅「お笑いのいいヒキになるから京大に行って」
宇「オッケー」

それで京大に一発合格してしまう頭脳の素晴らしさは、現在クイズ番組で遺憾なく発揮されているようですね。しかしそんな理由で京大か(笑)

つべで若干ロザンとしての活動も見ましたが、関西メインなのでこちらではなかなか見られなくて残念です。
最近のTVは旅番組やバラエティ、クイズ番組等々、芸人さんたちがいないと成り立たないんじゃないかと思うほどの露出だと思うので、そんなところでこの二人を見られたら楽しそうなんだけどな。
漫才orコントも見てみたいけど、そういう番組はそんなにないような…。そうでもないかな?
いやこれは、ルミネに行けというコトかしら(笑)それはちょっとハードルが高いような。
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
チハル
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © Lie to me 2 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]