忍者ブログ
HR/HMとかスケートとか日々徒然のあれこれ。最近お笑いが優勢。
[17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

みんな大好きハーディボーイズ♪
先日のNO WAY OUTイリミネーションチェンバーマッチの紹介ビデオでも、ジェフったらHBKよりも大きい歓声で迎えられてちょっとビックリ。
しかし、まさかこいつらの自伝が邦訳されているとは!
しかも2003年。
ジェフがちょうど燃え尽きちゃってWWEを離脱した時だーうわー。
というわけで早速入手。



にいちゃん、ちょっと怖いよ(笑)
ゼフ坊のこのパンツはナニ(笑)
ちなみに解説は黒崎さんでした。いつもお世話になってます。

360Pほどもある(ゆとりたっぷりの紙面&会話形式なのでそんなに読むのは大変ではないが)この本を、やっと読み終えました。
感想は…プロレス馬鹿一代な兄とひっついてる弟かわいいなあ。ははは。
いや、ホントは、身体壊さないでね…っていう気持ちでいっぱいになりました。
試合たくさん見たいけど、車椅子の姿は見たくない…。
身体使う競技は難しいです。

マットは予想よりもずっとずっとプロレスラブな人でびっくり。
20歳でそこそこ興行の打てる団体作っちゃうって、ある意味弟よりイカれとるかもしれん。
ジェフはやっぱりジェフでした。天才で変人。
この二人が一人に合わさったら、ものスゴイレスラーになったんだろうなあ…すぐ死にそうだけど。というわけで、神様はちゃんと二つの器に分けてくださったのね、きっと。

この兄弟、レスリング的にはほぼ一度もちゃんと習ったことがなくてデビューしちゃってるのが凄いです。今だとありえんのでは?
あと、昔だったからかもしれないけど、思ったよりブックが緩くてけっこう自由にやっちゃってるなあ、って新鮮でした。最近はちょっとしたスキットもギチギチに縛られているというけど…どうなんでしょ?
色々裏話的なものも見られて面白い本です。
テイカーさんがハーディーボーイズを何故好きなのかよくわからんかったが…まあ、あの人はエジクリも良かったみたいなので多分面食いってヤツだな。

とにかく今はジェフも復帰してくれて万々歳、しかも超プッシュ受けてるし!
WWE王座、とって欲しい………けどとったらホントに辞めそう。げっそり。
マットはいい背広組になりそうだけど、ゼフ坊はプロレスとったらただのヘンな人にしかならないんだから、もう少し兄の側にいてね♪
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
チハル
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © Lie to me 2 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]