忍者ブログ
HR/HMとかスケートとか日々徒然のあれこれ。最近お笑いが優勢。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

I say MOTLEY! !!!!!!! U say CRUE!!!!!!

てことで、怒濤の連続ライブもこれで終了、縁起よくオリジナル4でモトリークルー♪
毎週玉アリ行っちゃう自分にちょっとあきれつつ、そして毎週事故る鉄道にもさらにあきれつつ、予定を30分ほどオーバーして到着。
おかげでラウドネスは見られんかったよ…。

さて、ステージ。
なんと全周使わず仕切られていて、まるでホールのように横長のステージに観客席が向かう仕組みに。
しかもラムダ出してるんで、多少でかい人が前にいてもよく見えるというありがたい作り。
ラウパではアリーナ前方でぎゅうぎゅう盛り上がったので、楽しかったけどあまり良くは見えなかったから、これはありがたい。

しかし良く見えると見ちゃいかんとこも見えるという罠(笑)
ニッキー、いくらなんでもアンタ弾かなさすぎでしょ〜そのベースはアクセサリーか?
と突っ込みたくなるほど手ぶらなリーダーでした。あはは。
でもかっこいいからいいや☆
今日もヴィンスは声が良く出てたなあ…素晴らしい。
GIRLSの「右手あげて〜握って〜ブルンブルン♪」がやっぱり楽しかったです。
ラウパの時ほどではなかったけど、得意そうで可愛い。
あと、トミーが元気になってて良かった。
こんな席有りでも、酒瓶回しちゃうんだ〜。「戻せよ!」って言ってたけで、ちゃんと戻ってきたのかな?

あと、特筆すべきはお客様たち。
さすが単独、もんのすごい合唱っぷりでした。
これならヴィンスもあんまり唄わなくていいよね♪
あとはお姉サマ達のお衣装が…いやー80年代の匂いがしましたよ。
ポニーテールと網タイツ率の高さにビックリ。

90分、とーーーーーーっても楽しかったです。
そして、最後まで盛り上げてくれてありがとうTボーン!
I say MOTLEY! !!!!!!! U say CRUE!!!!!!
↑これのおかげで、HOME SWEET HOME で終わってもしんみりしなくてすんだよー。

PR
三連チャンでLIVE♪
まさか新木場に通うことになるとは…ありがたやありがたや。
とりあえずいつものラムコークを。ここでは何故かラムコーク。
いつも濃いめなんですが、ボトルの酒が途中できれて新しいのを継ぎ足すものですから、おねーさんコレすっごい強いです。ありがとう。

そんな酒を片手にまったりAIRBORN。
ラウパではずいぶん評判が良かったようですが、私の知識はWWEの最近のPPVのどれかのテーマ演ってたよね…というくらい。
たしか笑っちゃうくらいAC/DCに似ていたような…と思ったら若ゾー登場!
に、似てるよコレは…!!
オージーはこの声を持っているのがデフォなのか?(笑)
つか、元気良いなー♪Vo.が跳んで出てきましたよ!
フロント全員、一瞬たりとも止まってないでしょー、これは。
左右のギターとベースもひたすら走って運動会のよう。
いや、止まってる時もあった…その時は首振ってたな。つかぐるんぐるん回してたな(笑)ああいう首の回しっぷりをナマで見るのはジェイソン(ex.metallica)以来だわ♪

一応セトリをば。

Stand up
Hellfire
Girls
Diamond
Too Much
Runnin'

もう、けらけら笑いながら見てましたー楽しすぎる!
酒が無くなってからはヘドバンに参加してました。
だってあんなにステージ上で振ってるんだよ?こっちもやんないと♪
最後の曲で、Vo.がフロアに降りちゃって、あれれどこ行ったー?と思ったら、なんと一階フロアの一番後ろまで来てました!そっからフロアの中央を自らモッシュされながら(ギターも弾きながら)ステージへ帰っていくという離れ業を。
これはスゴイ。初めて見た。

曲は正直、AC/DCであり中期のプリーストっぽいところもあり、さらにはジャーマンメタルの匂いもしましたが今のところワンパターンかな。
でもまだアルバム一枚っぽいし、何より元気でやる気に満ちていていいですね!


BUCKCHERRY
昨日のライブで学んだので、フロア中央やや後ろの位置をキープ。
音が良いって素晴らしい。
が、目の前に巨人族さん達がいらっしゃったのでやっぱり前に出ましたよ。ちょうどフロア中央。
良く見え良く聞こえノリも良くって、最高でした〜。
そしてやっぱり上手いです〜ジョシュ。
とりあえずセトリ。

Dirty Mind
So Far
Fall
Lit Up
Resucue Me
Rose
Too Drunk
Next To You
Lawless And Lulu
Onset
Everything
Sorry
Crazy Bitch

(Encore)
Cream

いや、もうね、Everythingがね………泣いたです。目頭が熱くなった。
しつこいようですが、「ロックオデッセイ」の真っ昼間のジョシュのソロの時のあの閑散としたカンジ…本人もなんだか投げやりに見えた、あのつらかったへんの事とか、離ればなれだった頃のジミー(b)がIzzyのツアーとレコーデイングに参加した時の大変だった話とか、BUCKCHERRYが一旦解散した後(そしてジョシュと別れた後)スタジオミュージシャンをやってジョシュを待ってたキース(g)の話とか…当時追いかけていなかった私でも胸が熱くなりましたから、生っ粋のファンの人たちはホント嬉しいんだろうと思います。

さて、So Far からもうサークルが出来ていて驚きのお客様ズでしたが(BUCKCHERRYでサークルできるとは思わんかった)その後は普通にロケンローにのってて楽しかったです。
みんなよく唄うよね〜♪大合唱できて気持ちよかったです。
Lit UpもResucue Meも良かったけどOn Setが良かったなあ〜。あとRose。
そいえばコケイン大合唱がなかったわね。

このへんでジミ−が「さあそろそろタバコを吸いますよ」と火の付いた煙草をくわえてたら、おもむろにキースがきて「はいはいこれと替えますよ」とばかりに火の付いてない煙草を口に突っ込んで交換していたのが面白かった…ジミ−お兄さんなのに(笑)
この日はジミ−が白シャツに黒ベストで、何事も形から入る質のワタクシくらくらっとしましたよ。
やっべカッコイイ…。

そんなかんじで、とっても気持ちよく充実したライブでした。
アンコールのCreamも良かった、しっとりしてた。


これで怒濤の三日間連続ライブが終わってしまって淋しいです。ううう。
日曜のモトリ−でホント終わり。
財布にぎちぎちに入っていたチケットがゼロになるのが名残惜しいです…。
昨日10/20(月)渋谷クワトロでのダフ・マッケイガンさんのライブに、なんと、NIKKI SIXXさんがいらっしゃったというブログを見つけてしまったんですが…マジすか!

髪型もステージそのママってとこが素敵すぎるんですが!
いやー、びっくりした。
仲良いのか…?
まあ、古くはモトリーの前座を努めた仲ではあるけど(笑)いや、それは懐かしすぎるか。
お仕事熱心儲かるコト大好きなニッキーちゃんと、経済なら大学で習いましたが何かっていう投資家ダフ氏とは、意外とお話が合うかもしれない…。
あ、よく考えたらベーシスト同士もあるんでした。あはは。
連チャンでLIVE♪いい時代です…。

長いバンド名ではお互い負けない、A7XvsBFMV。
もち時間は各々1時間強でした。
演った順はA7X→BFMV。

19日のラウパの反省を踏まえて、音重視で場所を選びました。
はじめステージ向かって左sideにいたけど混んできたので右へ。
フロアは十字に柵が切ってあるので、右側後ろのセンター寄り前から三列目前後でまったり。
さすがにラウパ明け平日だったので、後方はぎゅうぎゅうではなく快適なLive。
音もバッチリでした。場所取りって重要…。

A7X
18日のラウパは散々だったらしいけど、この日は良かったと思う!
なんか思ってたよりとても上手くて、すごく良かった。
ちゃんとツインギターになってるよー、リズムもわかるし。曲もわかるし。
Vo.はちょっと苦しそうなとこがあったかな?
しかしこのバンドは専任Vo.以外も皆さんが分け合って唄うので(笑)高音おそらくドラムパートがつらそうではありました。
つかね、お客様唄う唄う。すごい。
いや、これは私も唄ったけどさ、みんなすごいなー。
ついギターソロも唄いそうになったけど(笑)

結構、曲が構築的だし変拍子など入るので、曲をよく知らないとノルのがちょっと難しいかも、とは思いました。
しかし私はこのプログレっぽいカンジがどうにも好きなので…あと2、3曲聞きたかったなあ。
almost easy 、seize the day、beast and the harlot 、piece of heaven 良かったです。
あとはタイトルが思い出せない…。
afterlifeもやったよね?
くそう、もっとちゃんとタイトルと照合して聞かんとあかんな…。


BFMV
右前ブースのお客様達、お疲れさま。
きっと2kgくらい体重が落ちているんじゃなかろうか。
一曲目のScream Aim Fire の時だけじゃないですか、ちゃんと立って見てたの(笑)
もう、回る回る、運動会のようでした。バターになりそうに回ってた。ははは。
あと、サーフの皆様と支えたみんな達、お疲れ様でした。
マットも満足していたようですし…っとにサーフクラウド好きなんだなアンタ。

ということで、私はA7Xとほぼ同じ位置で首振ってたので、良く聞こえたしメンバーもそこそこ見られて快適でした。サークル見物もできたし♪アレってやっぱり左回りなんだー。
そう、やっぱり音が良かったし!バランスも最初の2、3曲以降良くなったし、演奏もラウパよりしっかりしていたんじゃないかしら!
まー時々曲の途中でドラムが走るんだけど(笑)そうするとパッジがドラムに寄っていくのが見えるという。
それ以外は良かったですー、おっかしいなあ、ラウパはメタメタだったんだけどなあ。
ただ、マットは声は出てたけど、後半へたれ気味だったかな。
その分お客様がカバーしてたからいいけど♪

全体にお客様のノリはBFMVの方が熱かったかなー走るメタル万歳ってカンジで。
しかしどちらも好きなバンドを一晩に堪能出来るなんて、なんて素晴らしいんでしょう。
ものすっごく満足した夜でした!楽しかった!

ではセトリを。

scream
take it out
eye of storm
blood
hearts
4 words
tears
suffocating
spit
deliverence
the end
demon


…hit the floorを、いつか聴きたいなあ。


ああっと、追記。
BFMVも終わって、追い出しの音楽が何故かメロウな昔の洋ポップスで(すごくメジャーな曲なので聴けば皆知ってるような)ちょっとずっこけてたら、挨拶に残っていたメンバーも同じ思いだったのか、ムースとマットが踊り始めて大ウケ♪
ワルツ踊るみたいな?楽しそうだな君タチ!
まあ、すぐやめちゃったんだけど、なんかあーゆうのは可愛くていいですね。
行ってきました、LOUD PARK 08!
正確には「LOUD PARK meets CRUE FEST」です。
CRUE FESTとのコラボなので、バンド数は少ないし、メタル色が減ってロケンロー色が強いかなって感じですね♪

この日の顔ぶれはコチラ。
10/19
MOTLEY CRUE
BUCKCHERRY
BULLET FOR MY VALENTINE
MACHINE HEAD
DUFF McKAGAN'S LOADED
BLACK TIDE
ALL ENDS
BLACK STONE CHERRY

私はBLACK TIDEの途中から見ましたー。
噂には聞いていましたが、全員10代か!若っ!
残念ながらメイデンのカバーは聞き損ないましたー…ちぇ。
なんかVo.の子が髪が多くて長くて懐かしいカンジ。
しかし15歳か。にちゃんでは「声変わりか?」なんて言われてましたが(笑)
一生懸命で好感が持てました…アルバム買ってみようかなー。

DUFF McKAGAN'S LOADED
ダフは見たいのでちょっと前の方へ。後の事も考えて左側。
この後はずっとこのあたりにいました。
さてダフ。
いきなり黒ぶち眼鏡の登場にビックリ。学生のようだ(笑)眼鏡萌え(笑)
相変わらず素晴らしいスタイルだーかっこいいなあ。
そして相変わらずへったくそ…なんかメロディアス路線に変更してる?
パンク系ならダフのからっ下手なVo.でもなんとかなると思うんだけど、そんな歌唱力を求められる曲はやめといた方がいいんじゃないかしら…。
GN'Rからは、SO FINE、DUST'N BONES、IT'S SO EASYを演りました。
DUST'N BONESは、とりあえずイジーに謝っとけよ(笑)
でもまあ、突然呼ばれたんだろうから、お疲れさまってとこかしら。
あ、ベースの子が可愛かったなー♪

ま、ダフはベース弾いてるのが似合いだと思います。
歌はコーラスのみで、ひとつよろしく…。


MACHINE HEAD
始まった途端、カメラがバッと客席映したかと思ったら、見事なサークルが出現していました(笑)キミタチ楽しすぎ(笑)
とはいえ、もうものすごい爆音で音圧!
別に次のBFMVはそんなに前で見なくても構わないので、一端トイレ休憩に行ったりバーで飲んだりしながら、後ろでまったり鑑賞。
始めはうるせーってカンジだったけど、後半結構いいカンジで。
Vo.もよく見るとずいぶんハンサムさんだった(笑)
ちょっとアルバム買おうかなー。
こうやって聞いてみようと思うバンドの幅が広がるのが、フェスの良いところだと思います♪
それにしてもほとんどずっと回ってたのか?サークルピットの人たち、お疲れさま。


BULLET FOR MY VALENTINE
うわー、音悪!マット声出てるのか?!
前回来日に比べて下手に戻っていました…ドラム走り過ぎじゃ!
ところどころ、今何の曲やってるのかわからんかったよー。
でもカッコよかった!パッジが特に!
つかマットは見えませんでしたよ…。
そしてマット先生、マシンヘッドに触発されたのか、「そことそこで、ふたつサークルをつくってねーまわってー」とか仕切るのはヤメテ(笑)
サークルのすぐ側にいましたが、おかげで涼しかったです。
とりあえず、明日(今日だが)新木場で見るので、もうちっと演奏がまとまるのを希望します…。がんばれ!
あ、TEARS DON'T FALLで、何故かネックを合わせてプリーストばりにギターを振ってたのがおかしかった…プリースト見にいったの?

BUCKCHERRY
モトリー見たいので。そちら側にはいけませんでした…ジョシュごめん。
2ステだとそういうことが起きるよね。
だからこの時BUCKCHERRYサイドにいた人々は真のファンだと思います…。
いやー、しかしルックスのまとまってるバンドだわ〜ジョシュは相変わらず細いし、ギターのキースは良いカンジにヒゲをはやしてかっこいいし、ベースのジミーも男前だし。
そしてこの日私が見た中で、もっとも歌が上手いバンドでした。
さらに言うなら、唯一ちゃんとしたボーカルがいるバンド(笑)
(だってさーヴィンスはさーあの声があればいいんだもん♪)
さすがに新譜はまだ消化不良かな?ってカンジだったけど、でもRESCUE MEかっこよかったけど。
ON SETやってくれて嬉しかったなあ。
で、圧巻は、EVERYTHING。すげー。泣きそう。
そんでSORRYと続くわけですよ…ああ、なんか復活して良かったー売れて良かったーと、心から思いました。
CRAZY BITCHはすっごい好きなんですが、これを掛け合いで盛り上げるのは、日本では難しいと思う…。
これも火曜日に新木場へ行くので楽しみです♪


MOTLEY CRUE
ニッキー!かっこいいー!!!!!!!!!!
ビンスー!かーわいいーーーー!!!!!!!!
…これで感想が終わってしまいそう(笑)
だってミックとトミー、ほとんど見えなかったもん。

なんか、始まった途端、それまでとは違う空気でした。
完全にモトリーのペースで「ショウが始まった!」というカンジ。
とにかくヒット曲オンパレードで凄かったです。
歌は唄わないけど、客をのせるのは上手いよ!さすがヴィンス!
てゆーかもう少し唄おうぜ(笑)なんか知ってる歌より単語数が少ないような気がするんですが…あはは。
しかしヴィンス高音出てたなあ…私も頑張って合唱しましたよ!
なにしろちょっと油断するとマイクを向けられるからな〜♪
HOME SWEET HOMEを原曲キーで唄い出したのにはびっくりした。

それにしても、なんでそんなに機嫌がいいんですかアンタタチ。
もう、終始にっこにこのヴィンスちゃんでした。
そしてそんなヴィンスとマイクシェアをするリーダー………えらい珍しいモン見た、と思ったら、SICK LOVE SONGでももう一度シェア、さらにはリーダーの首を抱え込んで離さないヴィンスとニコニコしてるニッキー…。
どうしたのかしら、契約条項に「ステージで仲良くする」って一文を盛り込んだのかしら、と邪推するくらい仲良しさんでした。ま、険悪ムードより全然良いのでいいです♪
お客さんにも愛想がとってもよくって、しょっちゅう台の上に乗ってくれたのでとても良く見えましたー嬉しい。
HOME SWEET HOMEの時のリーダーの白い衣装はなんだったんでしょうか。
あと、ミックのソロ、かっこよかったー。
一人でギター弾いてるとは思えない、いつ見ても。
トミーはすごく目立ってなかったな…最後、スティックを客席に入れる時、蹴ってすごく飛ばしてたのくらいかな…。

ということで、大変楽しかったです!
ま、やっぱ「CRUE FEST」、だったかな?
参加したみなさま、お疲れ様でした。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
チハル
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © Lie to me 2 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]